過払い返還を含めた債務整理を法律事務所に依頼する場合、当然ですがお金がかかります。

 

法律事務所としても多少の善意はあるかもしれませんがお仕事です。当然報酬が発生しますので、依頼しようと思ってもお金がかかるからという理由で躊躇している人もいるようです。

 

 
また、お金を支払うつもりはあるものの、法律事務所も多数ありますのでどの法律事務所に依頼すれば良いのかよく分からない人も多いのではないでしょうか。

 

 
そこで、法律事務所を選ぶ際のポイントをいくつか挙げてみるとしましょう。

 

 

・どれだけこちらの話を聞いてくれるのか

 

 
司法書士事務所にせよ弁護士事務所にせよ、法律事務所を開いているので頭脳明晰である点は間違いありません。専門の知識を持ち、国家試験の難関を突破したからこそ法律事務所を開業出来ているのです。

 

 
頭が良いのは間違いないのですが、頭が良いのと依頼者の声に耳を傾けてくれるのかは別問題です。頭の良さを鼻にかけるような司法書士や弁護士もいます。

 

 
もちろん依頼者の声に耳を傾け、真摯に応対してくれる司法書士や弁護士もいます。

 
債務整理は一般市民にとっては馴染みがないだけに、メリットやデメリット、必要なお金。

 

 

その後どうなるのかといった点は分からない人も多いかと思いますが、それらすべてを真摯に話してくれる人もいれば、専門用語を捲し立て、

 

 

依頼者の力になりたいのか自分の知識を披露して悦に浸りたいのか分からない者もいますので、大前提として依頼者の声に耳を傾けてくれて、更には専門用語ではなく「分かりやすい言葉」で説明してくれるのかを見極めると良いでしょう。

 
自分自身が「これしか方法はない」と思っていても、話を聞いてくれる司法書士や弁護士であれば専門的な知見のおかげで他の良い方法を提案してくれることだってあります。

 

 

・料金体系はどうか

 

 
法律事務所にはどうしてもお金がかかりますが、料金体系がどのような形となっているのかもチェックポイントです。

 

 
日常的に利用するサービスではないだけに、どれだけお金がかかるのか分からない人が多いと思いますが、法律事務所もメールで相談を受け付けてくれる時代ですので、見積もりを出してもらうと良いでしょう。

 

 
複数の法律事務所に見積もりを出してもらえばある程度の相場も見えてきます。

 

 

一方で、メールでの問い合わせでも「まずは事務所に来てください」としか言わないような法律事務所も多いです。

 

 
この場合、法律事務所まで足を運ばせるのが目的になります。NOと言えない雰囲気を作り、気付いたら契約を交わして…なんてケースもありますので気を付けましょう。

 

 
メールでも親身になって相談に乗ってくれる法律事務所は現実的に事務所に足を運んでも親身になって相談に乗ってくれる所が多いです。

 

 

・債務整理の実績はあまり関係ない

 

 
債務整理をと考えている以上、法律事務所にどれだけの債務整理の実績があるのか気になる人もいるかもしれませんが、こちらに関してはあまり気にする必要はありません。

 

 
なぜなら、債務整理は法律事務所の案件としては決して難易度の高いものではないからです。民事訴訟等のように弁護士の腕が問われるものではなく、淡々とした事務作業です。

 
かつてであれば、債務整理となると債権者としても少しでもお金をとの思いから多少は強引な要求を迫るケースも見受けられましたが、近年は法整備も進んでいますので、債務整理は淡々と事務作業的に行われます。

 

 
つまり、弁護士としてのスキルや経験はほとんど関係ありませんので、わざわざ実績を調べる必要はありません。

 

 

債務整理は一般市民にとっては難易度の高い案件のイメージがあるかもしれませんが、法曹界にいる人間にとっては難しいものではないのです。

 

 

・司法書士と弁護士はどちらの方が良いのか

 

 
債務整理を依頼する事務所と言えば法律事務所ですが、大きく分類すれば司法書士事務所と弁護士事務所があります。どちらに依頼すべきかで迷う人もいるかもしれませんが、近年は特に大差ありません。

 
今でこそ過払い返還は業者側も無条件で応じてくれますが、かつては業者側も激しい抵抗を見せ、裁判にまでもつれるケースもありました。

 

 

その場合、司法書士は簡易裁判の代理人しか務められませんので、103万円以上の訴訟で争われる場合は弁護士を改めて用意しなければなりませんでした。

 

 

結局は二度手間になってしまうので初めから弁護士事務所に依頼した方が良いと言われていたのですが、近年は過払い返還で裁判にまでもつれるケースはほぼありません。

 
債務整理は淡々とした事務処理になりますので、司法書士であれ弁護士であれ特に差はありません。

 

 

強いて違いを上げるとすれば債務整理をこなせる司法書士に対し、債務整理以外の法律面にも長けている弁護士という位置付けになりますので、

 

 

 

借金の問題以外にも悩みがあるのであれば弁護士事務所の方が問題を解決してくれるでしょう。ですが債務整理だけであれば司法書士事務所でも特に問題はありません。