■もう無理・・借金の返済に行き詰ったら

 
始めはほんの少しのつもりで借りたお金。気づけば借りては返し、また借りては返しの自転車操業で、毎月返済に追われている。今まではWワークや生活を切り詰めてなんとかやって来たけど、身体も心もクタクタ・・本当にもう無理!

 

そんな借金の連鎖から逃れる方法が「債務整理」です。

 
といっても、債務整理ってなんとなく怖そう、家族や会社にバレないのかな、など心配もつきません。

 

債務整理は弁護士や司法書士の力を借りて、法的あるいは話し合いによって借金を整理する方法です。その人の借金の総額、経済状況によって、すすめられる借金の整理の方法が異なります。

 

 
メリットやデメリットを踏まえて、自分に合った債務整理の方法を確認しましょう。

 

 

まずは弁護士や司法書士に相談!

 
債務整理をしようと決めたら、まず弁護士や司法書士事務所の無料相談を利用してみましょう。初めての相談は時間制限ありですが、無料で相談ができるので、スタッフの応対や事務所の雰囲気を確かめることができます。

 

 

実際に行くのは気が引ける・・という人電話やメールで相談する方法もありますので、気軽に相談できます。

 

弁護士と司法書士ってどう違うの?

 
弁護士と司法書士の違いは、依頼を受けられる借金の額によって異なります。司法書士は1件ごとの借金の額が140万円以下の場合に任意整理の対応ができます。

 
例えば、2件の借入がそれぞれ100万円の場合、総額では200万円ですが、1件では100万円なので司法書士へ任意整理を依頼することができます。

 

 

また、過払い金が発生していた場合、返還金額が140万円以下でなければ司法書士は対応できません。

 
借金の額が大きい場合、過払い金の金額が多額になりそうな場合は、弁護士事務所に依頼することをおすすめします。

 

 

自己破産の場合は裁判所を通して借金の帳消しを依頼するため、裁判所へ出廷することになりますが、司法書士は依頼人と一緒に同席できないこともあります。

 

 

債務整理にはこんなに種類がある

 

 

1.任意整理
 
2.自己破産(同時廃止/少額管財)

 
3.民事再生(小規模個人再生/給与所得者等再生)

 
4.特定調停

 

債務整理の中で裁判所を通さないのは、任意整理だけです。
 
 
弁護士や司法書士を介して、債権者との話し合いによって和解し返済していく方法です。

 
 
裁判所を通さないため、精神的、時間的な負担が少なく、債務整理の中でもポピュラーな借金整理方法です。
 

任意整理までの手続きはどうやるの?

 
弁護士や司法書士に依頼すると、債権者へ受任通知が送られます。これによって、債権者から債務者への直接の連絡や取り立てはなくなり、すべて弁護士や司法書士が間に入って話し合いをしてくれます。

 

 

和解までには数か月かかりますので、弁護士や司法書士は、その間に過払い金が発生していないかを計算します。

 
もし過払い金が発生していたら、返還される金額によってはプラスに転じる可能性もあります!過払い金が発生していなくても、これから借金にかかる金利が無くなるなどのメリットが多く、借金の返済にめどが立ちやすくなります。

 

 

債権者との和解後は、通常3年で毎月一定の金額を支払っていきますが、借金の総額が多い場合は5年に延長してもらえることもありますので相談してみましょう。

 

 

任意整理は、現在就業中で継続的に収入が見込める人でなくては難しい方法です。
 
3~5年の間、きちんと一定の金額を支払える経済的な余裕がなければ、自己破産をすすめられます。

 

自己破産は怖くない?

 
自己破産は、多額の借金で返済不能に陥った人を救済する手段として、裁判所を通して現在の借金を帳消しにしてもらう方法です。自己破産には同時廃止と少額管財の2種類があります。

 

 

・同時廃止・・一般的に自己破産は同時廃止

 
・少額管財・・同時廃止できない理由がある場合、管財人による調査がある

 

 

持ち家や保険返戻金がある場合など20万円以上の高価な財産は債権者への返済に充てられます。現金の場合は99万円までは認められていますので、生活費まで返済に充てて困窮することはありません。

 

 

弁護士や司法書士に相談に行くと、借金の状況以外にも現在の収入についても細かく聞かれます。月にいくら返済できるのか、3~5年で返済できる金額なのかをチェックしています。

 

 

もし現在、たまたま無職だったり毎月の収入が少ない場合、自己破産をすすめられます。

 

 

自己破産というと、名前の響きがちょっと重くものものしいので敬遠されがちですが、借金を抱えて辛い日々を過ごしてきた人への法的な救済措置でもあります。

 
現在安定した収入がない場合、借金が多額な場合は迷わず自己破産を選びましょう。

 

 

自己破産と絶対バレたくない

 
弁護士や司法書士に相談した際に、家族に内緒であることをきちんと話しておきましょう。

 
自宅ではなく携帯に電話してくれたり、封書の送り主の名前を個人名にしてくれたりと、色々と配慮してもらえます。

 
もちろん会社に電話が行くこともありません。

 

○自己破産は戸籍に記載されるって本当?

 
自己破産の場合、戸籍や住民票に記載されることはありませんが、本籍地の破産者名簿に一定期間記載されることになります。

 
これは、免責がおりるまでの間なので、無事自己破産の免責がおりたら名簿からは消えることになります。

 

 

 

また、自己破産や民事再生の場合には、官報に名前や住所が記載されることになりますが、特定の人だけが見るものなので、知人や会社の同僚など、一般の人に知られてしまうリスクは低いと言えます。

 

 

■どうしても家を失いたくない人は「民事再生」がある!

 
両親から受け継いだ家や、必死で働いて購入したマンションなど、どうしても失いたくないものがある場合にも救済方法があります。

 
それが民事再生です。

 

 

・失いたくない財産がある

 
・借金の総額が5千万円以下

 
・3~5年の返済を続けられる経済的余力がある

 

 

自己破産と違って、高額な資産を持ちながら、借金の額を大幅に減らして毎月返済することが可能です。

 

 
ただ、数年間の返済に耐えられる収入がある人に限ります。

 

 

■特定調停ってなんだ?

 
あまり聞き慣れない債務整理の方法ですが、簡易裁判所にて調停委員と呼ばれる人が間に入り、債権者と債務者の話し合いによって借金の減額をしてもらう方法です。

 
平和的な方法ですが、なかなか話合いがまとまらない可能性もあり、早い解決を望む人には不向きかもしれません。

 
また、過払い金があったとしても返還されないこともあるので注意が必要です。

 

 

債務整理には、その人の状況に合わせたいくつかの方法があります。

 
無理をせずに、借金の専門家である弁護士や司法書士の意見を聞きながら、一番自分にベストな方法を選びましょう。

 

 
債務整理をすれば、暗くて見えなかったゴールが目の前に現れます。ゴールを目指して楽しく確実に返済して借金を完済させてくださいね!