いつも間にか膨れてしまった借金の返済。
 

初めは、返済可能だったに給与ダウンが原因で苦しくなってしまった返済など様々な理由で、借金の返済に苦しんでいる人も多いかと思います。

 
しかし、だからと言って、どうしたらいいのかわからず、毎月の返済に苦しみ、返済する為に新たな借金を作ってしまっているような人には、弁護士への相談をお勧めします。
 
 
弁護士に相談すると言う事は、最終手段だと思っている人はいませんか?
 
実際、そのように重く考える必要などなく、もう少し気軽な感じで、借金の相談をする事ができるようになっています。
 

弁護士への相談=自己破産の相談だと思っていませんか?

 
借金返済で苦しんでいる人の最終手段は、自己破産という方法になってきます。
 

 

その時は弁護士に相談し、手続きを取ってもらう必要があると言う事を知っていても、その他の手段で、借金問題を解決する事ができると言う事を知らない人も多くなっています。
 
 
借金問題の解決方法、すなわち、債務整理の方法には、自己破産の他に任意整理、個人再生と言う方法があります。
 
 
これらの場合、自己破産とは少し違った内容になっており、メリットの多い債務整理方法になっています。
 

任意整理とは?

 
任意整理とは、弁護士が金融機関との間に入り、借金の減額などを行い、返済しやすい状態に持っていく事になります。
 
 

基本的に任意整理を始めた時点で、取り立てが中断されるため、一時的でも、取り立てからの苦しみから解放されます。
 
 
また、原則、将来利息をカットする事ができる為、その後の借金返済の負担を減らす事が可能です。
 
裁判所への手続きなども不要で行う事ができる為、手軽に行う事ができる債務整理方法になっています。
 
ただし、デメリットとしては、自己破産などと同様にブラックリスト扱いになる為、新たに借金をする事などは、数年間不可能になります。
 
また、自己破産のように借金が0円になる方法ではない為、返済を続ける必要があります。
 

個人再生とは?

 
個人再生とは、裁判所を通して、借金の減額を行う方法で、原則、債務が1/5に減額されます。
 
 
その上で、減額された債務を3~5年で完済していくと言うものになります。
 
借金の総額を減額する事で、その後の返済は、随分、楽なものになってきます。
 
ただし、裁判所を通すと言う事で、官報には掲載されてしまいます。
 
また、任意整理と同様にブラックリスト扱いになってしまいます。
 

任意整理と個人再生は、自己破産とどう違うのか?

 
任意整理と個人再生の両者が自己破産に比べ、何がどう違うのかと言うと、大きな違いは、借金が0円にならないと言う事です。
 
 

任意整理と個人再生の場合、借金の総額が減額されるものの、必ず、返済し続けていく必要があります。
 
 
一方、自己破産の場合は、成立すれば、1円の返済も行う必要がありません。
 
これだけ聞くと、自己破産の方が良いように思う人もいるかと思いますが、実際、自己破産の場合、家はもちろん、家財道具や預金など、すべて没収される事になります。
 
その為、マイホームを手放したくない人の場合、多少、借金の返済が残ったとしても、任意整理や個人再生の方が良いと言う場合も少なくありません。
 

 

弁護士費用について

 
もちろん、弁護士に依頼すると言う事は、費用が必要になってきます。
 
 
とは言っても、借金の減額の額と比べた場合、弁護士費用を負担しても、メリットが多い場合も少なくありません。
 

 
その為、まずは、無料相談などを利用し、依頼しても、損をするような事がないのか確認するといいかと思います。
 
 
また、多くの弁護士事務所の場合、費用の負担は、ローン返済が可能になっている場合もある為、初めに報酬の支払方法を確認しておくと安心です。