この記事では【借金をしない為の生き方】について書いていきたいと思います。

 

借金を作らない為には収入を上げるか、消費を抑える。

 

簡単に言うとこの二つさえ守ることができれば借金で困ることはなくなり、現在借金返済中であったとしても、参考になるはずです。

 

今借金の額が大きすぎる場合にはすぐに実践できない可能性もありますが、長い目で見ていつか実践できる日が来る方も多いと思います。

 

ではお金の稼ぎ方から順番にご説明させていただきます。
 

1 お金を稼いでいく思考と具体的な方法とは?

 

日本では仕事を選ばなければたくさんの職種で常に募集がかかっています。

 

しかしながらそのほとんどは時給が800円から1200円程度。

 

日給でも良い場合だと1万数千円が限界に近く、2万円を超える場合には危険やリスクが伴う場合が多い。

 

今後借金に困らない為には本業+何かの副業に手を出すのが手っ取り早いと感じています。

 

結局時間給だけの仕事だけでは逆に自分の労働時間がもったいないと言えるでしょう。

 

副業と言ってもたくさんありますが、また一つ注意点が必要です。

 

それは【うまい話はこの世の中にない】という前提を自分の中で確立する必要があります。

 

怪しいネットワークビジネスや副業で失敗すれば元も子もありません。

 

副業=絶対的に稼げるものではなく、危険を避ける目利きを付ける必要もあるでしょう。

 

なんでもかんでも無料で行えるということは速度も出ないです。

 

リスクを取りながら、リターンを最大限にまで膨らませる事が大切であり、確実性を上げる事も重要である。

 

ズバリ私が鉄板だと思う副業は【DVD、CD、おもちゃ、フィギア】の転売です。

 

初期投資は若干必要になりますが、正しい方法を行えば赤字の可能性は限りなく低く、最悪の場合でも
全て仕入れ値で販売すれば、動いた時間だけ失われるというリスクぐらいです。

 

月収10万円程度であれば誰でも実践すれば可能です。

 

やり方、方法に関しては後程しっかりとご説明させていただきます。

 

個人的にリスクが高い副業とは?

 

株式投資

 

FX

 

この二つに関しては、私はおすすめできません。株式投資のデイトレード、FXでも稼げている人の情報は山ほど見ることはできます。

 

 

しかし表面に出てくるのは成功している人達であり、その何倍も失敗している人がいます。

 

また投資の場合には信用取引を利用すれば株式投資の場合は元本の3倍以上が取引可能になり、FXだと10倍以上を超えます。

 

100万円の現金しか持っていない場合でもその数倍の取引が可能になります。

 

その結果最悪の場合にはそれがすべて借金になる可能性もあります。

 

実際に稼いでいる人もいますが、お金に余裕がある人が行うモノだと思います。

 

副業の種類は他にもたくさんあります。

 

ブログ運営による広告収入

 

ドロップシッピング

 

スマホアプリ販売

 

ライター・記事の執筆

 

転売(せどり)

 

転売のことはせどりと言われています。

 

私が最強だと思う組み合わせがあります。

 

それは「せどり」+「せどりの役立つ記事をまとめた情報発信」

 

この二つをうまく組み合わせる事でせどりだけだと月収10万円から20万円の場合でも100万円以上に伸ばすことが可能になります。

 

転売は初めの一歩として利用するべきだと思います。

 

ではせどりのやり方についてご説明します。

 

全体的なイメージはすごく簡単です。

 

1 仕入れる

2 梱包する

3 アマゾンに配送する。

 

上記で基本的な作業は終わりです。

 

お客さんの集客、販売、お金のやり取り、返金のやり取りはアマゾンに委託することが可能です。

 

では1の仕入れるということについて。

 

ビジネスの世界は不思議と販売場所が変われば商品、サービスの値段が変わります。

 

その値段の差を狙うのがせどりです。

 

この商品の価格が1万円近くでアマゾンで販売されていますが、とあるフィギアショップでは新品が4000円で販売されていました。

 

価格差が6000円弱。手数料がその他の経費を考えても2500円から3000円近くが利益になります。

 

フィギアショップで5つ購入したので、15000円近くの利益です。

 

5つとも2週間以内にすべて売り切ることができました。

 

上記の場合には価格が高いものになるので、仕入れるお金も必要になりますが、最初は【古本】だけに特化すれば十分回していくことができます。

 

せどりのやり方や初心者の人の為の記事は別の機会に記述させていただきますので、お待ちください。

 

自分の24時間を最大限に生かして増やす

 

収入を上げていく為の一番手っ取り早い方法は自分の労働時間を増やすことです。

 

これは単純に【時給だけで稼ぐ事を意味するわけではありません。】

 

例えばブログ運営で収入を上げている人は自分の本業の時間+ブログが24時間働き続けています。

 

こうした仕組み作りを上手に構築できれば収入は自然と上がっていきます。

 

今のお金持ちはこうした仕組みを利用している人ばかりです。

 

芸能人、歌手の場合は

 

自分がドラマに出る。何度も映像で流れる。お金がもらえる。

 

歌を歌う、CDで販売する。カラオケで歌われて印税収入になる。

 

自分がCMに出て、後は遊んでいる時にもCMが流れる。数千万円入る。

 

本の場合も印税が入ってきます。

 

一般人でも同じです。

 

社長なら従業員を雇って従業員の時間を使ってお金に換える。

 

自分がブログ運営者ならブログがずっと稼ぎ続ける。

 

さっきの転売(せどり)でも組織化して月商1000万円以上稼ぎ、自分は何もしていない人も知っています。

 

こうした仕組み作りは社会人の特権です。

 

人間は誰しもが24時間と言われていますが、表面上の話でしかありません。

 

従業員、インターネット、動画、テレビ、音楽を上手に利用することで自分の労働時間は働いていなくても無限に増えていきます。

 

お金持ちは自分以外の労働時間がかなり長いです。

 

こうして増えた時間はお金に変わり続けます。

 

学生まではこうした考え方は不可能です。

 

受験勉強を思い出してみてください。

 

自分の変わりに誰かが勉強しても自分の知識や合格への近道にはなりません。

 

受験ほど公正で平等な試験は大人になれば用意されていません。

 

【お金】の世界は常に不平等で、仕組み作り、資産を持っている人のところへお金が流れます。

 

しかしお金の勉強を構築して勉強すれば今の収入を10万円、20万円増やすことはそう難しい話ではありません。

 

借金がある状態で始めるなら?

 

借金がある状態で初期投資なしでビジネスを始めるなら【ライター】【記事の執筆】という仕事があります。

 

クラウドソーシングという言葉はご存知ですか?

 

【ランサーズ】や【クラウドワークス】という会社がサービスを行っているのですが、個人と企業の間の中間に入ってくれることで、

記事案件の供給やお金の振り込みまで行ってくれます。

 

企業としては直接雇用ではなく、一時的に記事を書いてもらいたい場合に活用して、

 

ライターは雇用されるわけではなく、個人で仕事を選んで、好きな時間に仕事をして書いた案件分だけお金になります。

 

例えば内容はこんな感じです。

 

日記記事600文字以上200円

 

借金体験談1記事1500文字以上1500円など。

 

専門性が高い記事の方が単価が高く、稼ぎやすいと思います。

 

これを空いた時間に行うことで、お小遣い稼ぎ、

 

月額2万円から3万円の収入にはなると思います。

 

時間をかければ5万円以上可能です。

 

私が知っている限り上記のライターの仕事だけで月収80万円の人もいますが、

 

クラウドソーシングで案件を継続して取り組み、スカウトされて直接単価交渉をしている人です。

 

上限としては月収100万円前後だと思います。

 

ここまでは稼ぐという事をテーマに話を進めてきましたが、次は【消費を抑える方法】です。

 

いくら入ってくるお金が増えたとしても、お金の使い方を間違えれば借金の原因になり、生活が苦しくなってしまいます。

 

消費を抑えるポイントは毎月かかる固定費

 

そして今後確実に抑えることができるのは携帯代、スマホ代です。

 

ソフトバンク、au、ドコモのスマートフォンを使っている人は毎月の料金が8000円から1万円近くかかっていませんか?

 

スマホ台を抑えるなら格安スマホがおすすめです。

 

人気の格安スマホの料金は月額3000円が主流です。

 

2年間が経過して機種代を払い終えると月額は1800円程度になります。

 

毎月の支払が9000円から3000円になるだけで6000円の差があります。

 

節約はその分月収が増えたと同じだと私は考えています。

 

格安スマホの中でも圧倒的人気を誇っているのが楽天モバイルです。

 

スマホで行う動作も口コミも悪くありません。

 

カメラの性能、電池のヘリの速さ、防水対応まで。アプリにずっと依存しないような方で、
基本的な用途を使えれば問題ない人にとっては最高の格安スマホだと思います。

 

 

他にも安すぎる格安スマホがありますが、これよりも安すぎるスマホは正直おすすめできません。

 

安すぎる場合だと性能もかなり低い場合が多く、落としどころとして楽天モバイルを選択する人が多いです。
 

使ったお金をノートに描き続ける

 

次におすすめしたい節約方法は小さいノートを持ち歩くようにして、使ったお金を常に書き続ける事です。

 

人によってお金の使う先は変わりますが、借金返済中であれば、なおさらお金の流れを把握するべきです。

 

ノートに書いて、文字化することで新しい事が見えてきます。

 

 

 

一度借金をしてから怖いことは免疫力が付いてしまう事だと思います。

 

キャッシングを初めてする場合の返済できる確率と二度目、三度目となると確実に返済できる割合は減ってしまうでしょう。

 

仕方なく利用する場合には消費者金融は非常に便利ですが、使いすぎると借金地獄への道になりかねないことは知っておきましょう。

 

またできる限り最小限のキャッシングにしておくべきです。借りる時と返す時では精神状態は異なりますが、最初から慎重になりましょう。

 

大手の消費者金融では電話在籍確認が必須になりつつある。これは双方にとってもメリットがある。

 

グレーゾーンの審査を白か黒、はっきりさせることで債務整理をする人も減っていくのだと思う。